生後1か月から小学生までのお子さまに、身体の表面の状態をみながら、

「あてる・さするはり」を行います。(ささないはりです)

子どもは生命力が旺盛であり、大人と比べ外部からの刺激に敏感に反応します。身体の不調は体表に現れるといいますが、大人が点で(ツボとして)現れるのに対し、子どもの場合は広がりのある面で現れることが多いです。その面に対して適切な接触刺激を与えて子どもの症状を改善していくのが小児はりです。

当たり前ですが、子どもは痛いことをすれば二度とはりを受けてくれません。気持ちの良いはりもっとやってと言われるようなはりを目指して、お子さまと楽しく接し、支援させていただきます!

【主な適応症状】

 夜泣き・イライラ・寝ぐずり・かんしゃく・おねしょ(夜尿症)

 アトピー性皮膚炎・小児ぜんそく・風邪をひきやすい

 鼻炎・中耳炎・便秘・下痢・食欲がない など

【治療時間】

 乳児で1分程度、幼児で5分程度、小学生で7~10分程度ですが、

 保護者の方との相談含め、15分程度お時間を取らせて頂きます。

 

施術者は、双子育児の経験者です。(2021年現在、小学生の男の子)

また、発達障がいの理学療法に従事した経験もあります。こどものリハビリテーションなどについても、お気軽にご相談ください。