はりきゅうは、その人の持つ「自然治癒力」を高める治療法です。

 

人の身体は、外部から、気温や湿度、病原体、精神的ストレスなどの刺激を受けながらも、内部の環境を一定に保つように出来ています。このことを「自然治癒力」といい、誰もが持っている力なのです。しかし、その外部からの刺激が、自然治癒力を上回るものであったり、さまざまな原因で体力が低下して自然治癒力が下がってしまうと、心身の不調、痛みとなり、やがて病気につながってしまいます。

はりきゅうは、身体にはりやお灸で刺激を与えてその人の持つ自然治癒力を高め、

身体の不調を改善し、健康を維持するやさしい治療法です。

患者さまの症状や体調、体質にあわせて刺激を行います。

 

【はり治療】髪の毛ほどの細さのはりを、身体にあるつぼや筋肉にうっていきます。

ほとんど痛みを感じないか、ズーンと重だるい響きを感じると思います。

【きゅう治療】米粒より小さくひねったモグサを、身体の表面に台座を引いて燃やし、熱刺激を与えます。

身体の奥深くから温める効果が得られ、慢性の症状や免疫力の向上に効果的です。

 

マンツーマンで、およそ60分間で行います。

小さな治療室で、リラックスしてはりきゅうを受けていただきたいと思います。

 

肩こりや腰痛、スポーツ障害などの整形外科的な症状だけではなく、

月経にともなう心身の不調更年期の症状などもご相談ください。

月経不順をはじめとする婦人科領域の症状は、はりきゅう治療が有効な場合が多いです。

更年期とは、一般的には40代~50代にかけての女性の閉経期を指しますが、この時期は女性ホルモンの減少に伴い、自律神経が不安定になり、冷え・のぼせ、発汗、不眠、頭痛、肩こりや腰痛、手足の痛み、胃痛、便秘・下痢、うつ傾向など、さまざまな症状が現れやすい時期です。また、身体的な変化だけでなく、子育て、介護、お仕事など家庭的・社会的にも多くの役割を担うようになり、心身の状態が不調に陥りやすくなります。加齢による病気のリスクも高くなってくる時期です。

 

東洋医学の考えを取り入れ、生活習慣の見直しだけでなく、はりきゅう治療を行うことで、上記に挙げたような症状や苦痛を緩和し、健やかに更年期と呼ばれる時期を過ごしていくことが期待できます。

また、当院の施術者は、リハビリテーションの専門家である理学療法士の国家資格も持っています。

スポーツを楽しまれる方の動きの改善・障害のケア、

脳卒中などの後遺症のある方の生活動作の改善・ケアについてもお役に立てると思います。

また病院勤務の経験から現代医学的な視点にも強いので、医療機関を受診する必要性などについてもご助言ができると思います。

お気軽にご相談ください。メールやお問い合わせフォームからもご連絡お待ちしています。

2377865D-9C02-43F3-92D1-C934AFCB43C7.jpeg

鍼はすべてディスポーザブル=使い捨ての鍼を使用します。

 

C03E247B-0233-4DDD-9305-528BFBF870A5.jpeg

この艾(もぐさ)を米粒半分ほどの大きさにひねって燃やし、熱刺激を与えます。